革新的がん研究支援室

治療開発マップ

本事業における治療開発マップとは

AMED革新的がん医療実用化研究事業 サポート機関事務局(PRIMO)では、効率的な治療開発を支援するため、がんの種類に応じた「治療開発マップ」を公開しています。治療開発マップは、 JCTN(がん多施設共同臨床試験グループのネットワーク)に所属する臨床研究グループとPRIMOによる共同作成です。

*治療開発マップでご紹介している、個々の臨床試験の内容についてのお問い合わせ等は、お受けすることが出来ませんのでご了承ください。

治療開発マップの画面レイアウト
治療開発マップにおける使用色説明
(画像をクリックすると拡大表示されます)
<治療開発マップを閲覧される際の注意事項>
  • 国内における第III相臨床試験を中心にマップにしたものです。マップ上に掲載されている各臨床試験の枠内をクリックする事で関連する臨床試験情報サイトの詳細情報を閲覧する事ができます。
    (詳細情報の閲覧は、各臨床試験情報サイトのサイトポリシーに準拠します。)
  • この治療開発マップは、すべてのがん種を網羅しているものではありません。お探しのがん種の治療開発マップが無い可能性がございますことをご了承ください。
×

◆  治療開発マップに含める情報に関して

  •  ステージ分類
  •  ステージ別の標準治療
    • 各種がんの診療ガイドラインを参考としています。
  •  実施中の臨床試験に関して
    • UMIN-CTR、JAPIC、医師会治験促進センター、jRCTに登録されている第III相試験を含めています
    • 第III相試験以外はマップの対象外としていますが、治療開発への影響が大きいと予想される第III相試験以外の試験は記載している場合があります。
  •  革新がん事業の研究課題
    • 赤色太線で試験全体を囲んでいます。
  •  その他

各種治療開発マップ