革新的がん研究支援室

PRIMOとは?

PRIMOとは

「PRIMO」(プリモと読む)とは、「革新的がん研究支援室」の英語表記、Practical Research for Innovative Cancer Control Management Office の略称です。革新的がん研究支援室のミッションは、革新的がん医療実用化研究事業のプログラムスーパーバイザー(PS)・プログラムオフィサー(PO)による研究進捗管理を支援すると共に、同事業で採択された研究課題の推進のため、関連情報や技術支援スキーム等を提供することです。

本サイトの位置付け

本サイトは、PRIMO(革新的がん研究支援室)が主催するホームページです。AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)が所掌する、革新的がん医療実用化研究事業に採択された委託研究開発課題に向けて、関連情報や技術支援スキーム等を提供すると共に、進捗管理のための一貫したシステムを構築・運営することで当該研究の成果を将来に繋げます。また、国民の皆様につきましては、当研究事業の成果やお知らせをお伝えいたします。

AMEDとの関係

「AMED」(エーメドと読む、https://www.amed.go.jp/)とは、「国立研究開発法人日本医療研究開発機構」の英語表記、Japan Agency for Medical Research and Developmentの略称です。AMEDは、「医療分野の研究成果を一刻も早く実用化し、患者さんやご家族の元にお届けすること」を目指して、日本における医療分野の研究開発及びその環境整備の中核的な役割を担うため、平成27年(2015年)4月に設立されました。PRIMOは、AMEDが所掌する「革新的がん医療実用化研究事業」に採択された研究開発課題(課題名:がんの本態解明から革新的な医療実用化に向けた一貫したマネジメントスキームの確立研究)の一つであり、AMEDと連携して当該事業の他の250あまりの研究開発課題の進捗管理を支援します。

革新的がん医療実用化研究事業の概要

本国のがん研究発展に向け、「がん対策推進基本計画」に基づく新たながん研究戦略として文部科学省、厚生労働省、経済産業省の3大臣確認のもと、平成26年3月に「がん研究10か年戦略」が策定されました。今後のがん研究は、本戦略をふまえ、がんの根治・予防・共生の観点に立ち、患者・社会と協働するがん研究を念頭におき、「がん対策加速化プランへの提言について」(平成27年12月厚生労働省がん対策推進協議会)も加味しつつ、具体的研究事項を着実に推進していきます。これに基づいて、革新的がん医療実用化研究事業は、がんの予防・早期発見手法の開発、新規薬剤・医療機器開発、各治療法を組み合わせた標準治療の開発、ライフステージに応じた治療法の開発等を行います。具体的には、次の6つの研究課題領域で研究が行われています。PRIMOは、この6つの研究課題領域に属する計250の研究開発課題に対して戦略的サポートを行います。

  • 領域1:がんの本態解明に関する研究
  • 領域2:がんの予防法や早期発見手法に関する研究
  • 領域3:アンメットメディカルニーズに応える新規薬剤開発に関する研究
  • 領域4:患者に優しい新規医療技術開発に関する研究
  • 領域5:新たな標準治療を創るための研究
  • 領域6:ライフステージやがんの特性に着目した重点研究

「革新的がん医療実用化研究事業」のプログラムスーパーバイザー(PS)・プログラムオフィサー(PO)は、次の通りです。

PS(プログラムスーパーバイザー) 堀田 知光 先生
(国立がん研究センター / 名古屋医療センター)
領域 PO(プログラムオフィサー) 研究課題
領域1 中釜 斉 先生
(国立がん研究センター)
がんの本態解明に関する研究
米田 悦啓 先生
(医薬基盤・健康・栄養研究所)
領域2 祖父江 友孝 先生
(大阪大学/国立がん研究センター)
がんの予防法や早期発見手法に関する研究
永田 知里 先生
(岐阜大学)
領域3 大津 敦 先生
(国立がん研究センター東病院)
アンメットメディカルニーズに応える新規薬剤開発に関する研究
仁平 新一 先生
(オンコロジー学術研究フォーラム)
領域4 赤堀 眞 先生
(株式会社アイクロス)
患者に優しい新規医療技術開発に関する研究
加賀美 芳和 先生
(昭和大学)
領域5 佐野 武 先生
(がん研究会有明病院)
新たな標準治療を創るための研究
古瀬 純司 先生
(神奈川県がんセンター)
領域6 堀部 敬三 先生
(名古屋医療センター)
ライフステージやがんの特性に着目した重点研究
(小児がんに関する研究、高齢者のがんに関する研究、難治性がんに関する研究、希少がん等に関する研究)※
※ :AYA 世代のがんに関する研究も含む。
佐伯 俊昭 先生
(埼玉医科大学国際医療センター)

研究開発代表者向け情報ページへのログインについて

革新的がん医療実用化研究事業で採択されている研究開発課題の研究開発代表者向け情報として、以下の設定を行っています。ログインできるのは、革新的がん医療実用化研究事業で採択されている研究開発課題の研究開発代表者のみです。

ログインしていただきますと、次の機能が利用できます。

  • 進捗管理システムの利用
  • PRIMO技術支援スキームの概要と申込方法
  • 研究倫理コンサルテーションの案内

PRIMOのご紹介

革新的がん研究支援室は、平成30年(2018年)1月、研究開発代表機関である国立がん研究センター内に、他の国立がん研究センターの機能から独立した組織として設立されました。主な業務は次の通りです。

業務ミッション:革新的がん医療実用化研究事業のプログラムスーパーバイザー(PS)・プログラムオフィサー(PO)による研究進捗管理を支援し、当該事業の機動的な推進を支援する。

  • PS・POの指示の下、各研究開発課題の進捗に関する情報収集・整理、各種会議等に必要な資料作成・分析等を行う。
  • 日本医療研究開発機構(AMED)と連携して、研究者自らが研究開発課題の進捗管理を行う助けとなるシステムを構築・運用する。
  • 国内外のがん研究に関する情報を元に、包括的に俯瞰する「マクロ解析」、個別テーマに焦点を当てて調査を行う「ミクロ解析」のデータマイニングを実施し、PS・POへの報告・提言を行うと共に、個別研究課題の推進をサポートする。
  • 研究者に対し、高度な技術支援を提供できる専門家との共同研究を仲介する技術支援スキームを提供する。
  • 研究者に対し、知的財産および研究倫理に関するコンサルテーションを提供する。
  • 以上の機能を内包するPRIMOポータルサイトの構築・管理運営を行う。

PRIMOロゴマークについて